持ってるねキャッシング
ホーム > > 家出人に兄がなったことで警察に行った

家出人に兄がなったことで警察に行った

少し前のことになるが、兄がいなくなった。
家を出て1人暮らししていたから、家族の誰もすぐには気付かなくて、兄の勤め先の同僚から欠勤が続いているという連絡をもらって初めて知った。
連絡を受けた両親があわてて家まで行ってみると、家はいつも通りだったが、兄はしばらく帰っていない様子で、車もなかった。
連絡をとろうと何度電話をしても「電源が入っていないため・・・」というアナウンスが流れるだけで連絡は取れない。
もう一週間近く誰も兄を見ていないことがわかり、そこからが大変だった。
両親と一緒に兄の会社に事情を聞きに行ったり、警察に家出人の捜索願いを作成しに行ったり、車であてもなく付近を捜しまわったり。
母は兄を心配して泣いているか、そうでないときは兄の知り合いに片っ端から連絡をしていたし、父は不機嫌に黙り込み、ひたすら仕事をしていた。
私は、「家出人、探し、捜索」などのサイトをあてもなく見るようになった。
成人している人がいなくなった場合、捜索願を出しても、事件性がなければ警察が積極的に探すことはなく、もし見つけても本人が嫌だと言えば探している家族に連絡もこない。
できることはほとんどなく、どうすればよいのか本当に途方にくれた。
結局、いなくなってから3カ月後に兄はふらりと帰ってきて、今では家族もすっかり普通に暮らしている。
でも、あの3カ月は思い出すだけでも本当にしんどい期間だったし、もう二度と同じ思いはしたくない。

家出人の探し方